toggle

エコズデザインについて

♦エコズデザインについて♦伊豆のアトリエ♦コンセプト♦エコズデザインの強み/大切にしていること

ecosdesign300pix大塚妙子(おおつかたえこ)
エコズデザイン
デザイナー

2010年にフリーランスになりました。

2014年に、東京から、伊豆に引っ越してきました。
わんこと家族とで、私は制作には最適な環境の下、自然からのインスピレーションも沢山受け、大好きな仕事をしています!

というか、私はこの仕事しか出来ないんだと最近気がつきました(笑)

あまりにも社会的な事ができなかったんですね笑。


私は美大に行ってなくて、短大卒業後、普通に会社に就職して、普通に勤めていました。

その日々は、、、ツマラナイどころの話でなくて、私自身が「使えない人」でした。苦笑。

「どうしてこんなに出来ないんだろう??私。もしや事務能力ゼロ??」

がんばってもがんばっても、何か必ず、抜けます。

で、そもそも全然興味もない仕事内容なので、努力が辛いし、空回りしてしまう日々。。。

で、ある日、リストラされましたー!

でも私は、それから、むやみにすぐに就活をすることはしませんでした。

「もう興味ない仕事はしない!デザインの仕事をする!」

そう決心したんです。

元々、デザイン関連のコトが昔から大好きだったんです。

でも「仕事」にするなら、「デザインが好きです!」だけで通用する世界でもないですよね。

まずは、illustratorとphotoshopを習得しよう!と、生活のためにとりあえず探した派遣の仕事の後、夜間の学校に通い、クリエイターの必須ソフトをなんとか習得しました。


その後、オペレーターとして、大手の写真屋さんの印刷関連のお仕事をします。

そこでは、印刷の基礎をしっかりと学びました。

でも、オペレーターでは私はやっぱり面白くないのです。

その後、デザイナーを目指し、転職します。

転職活動は、やっぱり大変で、今から思えばギリギリの精神状態の時もあったと思います。

でも不思議と「デザイナー」として、販促の会社や玩具の会社に就職できました。

そこでは、パッケージデザインを幾つか世の中に出す事できましたし、イラレをしっかり使いこなせるようになりました。

そして、次にやってきたのが「webの勉強」もう、webの知識なしにデザインは語れない時代になっていました。会社でもwebを使うようになり、また独自で短期間のwebの学校にも通いました。


。。。あの時、リストラされたこと。

そして、それを機会に、

「もうこりごり!もう絶対に嫌!こんな興味なく面白くない仕事はこれからは絶対にしない!」

そう、心から決めたこと。

それから決して順風満帆でやってきたというわけではありませんが、最近になってつくづく思うのは、

「あの時」リストラされてよかった。そして、全くなんのコネも実力もなかった自分が「こうしたい」だけで動いてみて本当によかった。

今では、僭越ではございますが、このデザインの仕事では、多くのクライアント様に心から喜ばれているのです。

それが本当に仕事を続けていく上での励みになるのです。


デザインの仕事は、本当に苦しく大変な時があります。

「あ〜、、今度こそ私、ダメかもな。。」毎回思う時があります。

でも、不思議と

「私は必ず見つけるだろう(そのデザインのゴールを)」という根拠のない確信が自分の根っこの所にあるのです。

そして、本当にその通りになるのです。

自分自身が納得出来ないデザインを出した事は一度もありません。

この仕事が向いている、、とか、天職とかいうと、なんかカッコいいけど、でも本当に、私はこれしか出来なかったのだなあと、思います。

そして不思議と私の中にいつもある

「私はこの仕事をやりきれる」という確信。

私はやっぱりこの仕事、なんだかんだ言って、大好きなんだと思います!

だから続けられるし、やっぱり楽しいのだと思います。

デザインするということは、その本質を見つけること。

デザインの力で、お客様のブランドイメージを一瞬で伝えます。

をコンセプトに、

お客様それぞれのブランドイメージにあったデザインを創っています。

それには、そのブランド様の「本質」を探し出すことが必須になります。

そうして出来たデザインには、それだけの力がある。

 

常に、本質だけを見つめていたい。

そうすれば、デザインは自ずと見えてくるから。

 

それだけは、いつもデザインするときに、私の心の核にあるものです。

【強み① お客様に寄り添うタイプのデザイナーであること】

最近、色々な人にとてもよく言われることがあります。

・対応がものすごくいい。提案をそのまま受け入れてれるだけではなく、こうしたらどうですか?というさらに良い提案をいただき非常に納得がいく。

・会話からの引き出しがすごく上手。

・問い合わせした時も、とても丁寧に対応してくれ、感動した。安心して薦められる。

。。。

自分でここまで書いて、恥ずかしいのですが!笑。

でも本当にどれも全部いただいた言葉なんです。

私としてみれば、「え〜?そうかなあ?」という感じ。

私にとっては、よりよい提案をするのも、ちょっとした会話の端々から引き出すことも、お一人お一人に丁寧にベストで対応するのも、当たり前のこと。

でもその私にとっての「当たり前」が、「強み」なんだと気がつきました。^^

他人からの意見というのは、本当にありがたいものですね。自分ではわからない。

というわけで、

エコズデザインの「強み」は

お客様一人一人に寄り添い、誠心誠意の対応をすること。そして、自分から提案は常にしていること。です。

 

【強み② それぞれのブランディング】

制作実績をご覧いただけますとおわかりになっていただけるかと思うのですが、エコズデザインでは、各ブランド様毎のブランドイメージが伝わるようにデザインにしています。

ポップなものから、エレガント、そしてクールなものまで、エコズデザインは、幅広く対応しています。

「守備範囲が広いよね」これは、とある有名な作家さんにいただいた言葉です。

「コンセプト」で前述致しましたように、それぞれのブランド様の「本質」を見つけだし、デザインするということは、自ずとそうなっていきます。

でもこれもまた、「そうかな?当たり前のことだよねえ??」と思っていたこと。

他人からのありがたいお言葉。

これもエコズデザインの強みなんだ!

皆ありがとうー!こうして、「強み」としていきます。

 

【デザイン制作は “やりとり期間” も大切です♡】

また私は、デザインの製作中の「やりとり期間」というのをとても大切にしています。

なぜならその「やりとり期間」で、ヒアリングシートや打ち合わせとはまた別に、お客様ご自身ですら気がついていなかったブランドの「本質」が引き出せるから。

もしこの「やりとり期間」で、お客様がデザイナーに心を開けず、

「こんなことを言ったらおかしいかな」とか

「聞いてみたいことがあるけど、聞いても大丈夫なのかな」とか、なんなら、怒られたら、笑われたらどうしよう。

などと考えて、その一言を飲み込んでいたとしたら、本当にそれはデザイナーの責任だと思うのです。

 

ご自身の分身のようなブランドを、私がデザインというカタチに致します。

そのために、

「やりとり期間」では、徹底して本音でやっていきましょう!ね♡

そこのところを、エコズデザインではやっぱりとても大事に思っています。