toggle
2018-08-07

クリエイターは、そうして自分に問うて問うて、問うてゆく。プロフェッショナル仕事の流儀「宇多田ヒカル」観ました

先日「プロフェショナル仕事の流儀の宇多田ヒカル 特集」を観ました。

特に悲しいストーリーでもないのに、私、割と最初の方から泣きたくてたまらなくなった。

ずっと一貫して泣きそうになっていた。

不思議だなと思っていたら、彼女の亡き母への曲を3年かけて創っているけど、まだ完成しない。という話しになった。

宇多田ヒカルさんは、その曲を自分の中へ何度も何度も何度も、何度も問いかけていた。

自分の中にあるもの?を見つけないと。というような事を話していた。

自分の中にしか答えはないからというような事なんだけど、こうして言葉にすると、薄っぺらくなってしまうんだけど(汗)

でもそれの本当は、本当に本当に壮絶な事なのです。

 

クリエイターは、そうやって、自分の中へ何度も何度も、何度も問うてゆく。

そこからしか生まれない。

その苦しみが、見ていて本当に辛くて悲しくて、思い出したたげでも泣けてきてしまうのです。

 

そして完成した。

新アルバム の中の #夕凪 という曲。

人の心を震わせる作品を創るとはこういう事なんだよねと、あらためて(^^)

夕凪歌詞▽

鏡のような海に
小舟が傷を残す

全てが例外なく
必ず必ず
いつかは終わります
これからも変わらず

こんなに穏やかな時間を
あなたと過ごすのは
何年振りでしょうか

落とさぬように抱いた
小さくなったあなたの体

真に分け隔てなく
誰しもが
変わらぬ法則によります
急がずとも必ず

全てが例外なく
図らず図らず
今にも終わります

波が反っては消える全てが例外なく
必ず必ず
何処かへと向かいます
これまでと変わらず

ソングライター: Hikaru Utada
夕凪 歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC

いつかの多重露光pic▽

エコズデザイン_写真撮影

エコズデザインのLine@ご登録お待ちしております♪

デザインのこと、マインドのこと、日々のこと。。などなど発信しております♪

エコズデザインLine@

 

または@eoj0385h で検索♪

関連記事