toggle
2020-10-10

デザイン制作用の為の撮影と写真撮影の違いについて

【ホームページ用人物撮影】

以前に「エステ+エネルギー調整」(※身体とココロを整える。的な感じ)のサービスをされている方の、サイト用に撮影させていただいた写真。

湘南・江ノ島での撮影でした^^

HP用写真撮影_エコズデザイン

 

インスタで、ホームページ用人物撮影写真を一定のペースでアップしておりまして、先日インスタから、

「ホームページやLPとか名刺等の、デザイン制作用としての撮影ではなく、写真撮影のみではされていないのでしょうか?」とのお問い合わせいただきました。

そうなんです、エコズデザインの写真撮影は、基本的に当方で制作させていただくデザイン制作用としての撮影になります。

 

と言いますのは、

「(デザイン制作用ではない)写真撮影」は “そのご本人がどう撮られたいか” そしてその為に、それを引き出す為の入念なヒアリングからのマインドセット。

また、イメージが明確でない場合は、それをまずは引き出す為のヒアリングからのマインドセット。

にかける時間が、撮影時間以上に必要になるかと思います(フォトグラファーさんにもよると思いますが)

 

そして私のような「デザイン制作の為の撮影」である場合は、それらヒアリングやマインドセットは、事前にデザイン制作作業における過程で共有出来ているので、それにそこまでの時間等はかかりません(ブランディングメニューからお申し込みの場合は特に)

 

それで、私はやっぱり「デザイナー」で「写真も撮ります」なんですよね。

「写真家・フォトグラファー」が先に来ていないんですよね。

なので、もし私が「写真家・フォトグラファー」が先に来た場合は、まずはモデルさんに心を開いてもらって、その撮られたいイメージを明確に引き出し共有する。ということろからになると思うのです。

 

違いは「1. その人個人にフォーカスしているか」「2. サービスにフォーカスしているか」の違いになるのかなあ。。。

サービスもその人そのものなので、究極には同じと思うのですが「1.」の場合は、「そのご本人がどう撮られたいか」が重要になってきますよね。

それを魅力的に引き出すのが、写真家・フォトグラファーさんかなと思っています^^

私は今は、その方のサービスの世界観をより伝えたく、人物・作品・商品問わず、撮影をしています^^

 

でも私もいつか、そっちで行ってみたい!と思う日が来るかもしれません。

そんな日が来たら、ぜひモデルになってくださいね〜!楽しみにしています♪

エコズデザインのLine公式アカウント

「Line限定記事 / エコズデザインが選ぶメディア情報をお知らせします」

・視点が大衆視点寄りではないこと。が、マイナー視点にも偏り過ぎないこと。

今まで「常識」とされていた事柄に対して、今一度その固定概念を疑ってみてもいいのかも?と投げかけるメディア情報を限定記事でシェアします!

エコズデザインLine公式アカウント

または@eoj0385h で検索♪

関連記事