toggle
2018-07-04

「魔女の宅急便」の原作者・角野栄子さんのライフスタイルブックとオリジナルな生き方とは。

先日、TVの情報番組を観ていて、絵本作家で「魔女の宅急便」の原作者・角野栄子さんのご紹介をされていました。

わ〜〜なんて素敵な方〜♡と釘付けに!

現在83歳とのことですが、こんなお洒落な83歳ってー!と、早速紹介されていた、角野栄子さんのライフスタイルブック「角野栄子の毎日いろいろ」をAmazonでポチってみました。

角野栄子「角野栄子の毎日いろいろ」

 

現在は、鎌倉にお住まいだとのこと。

わくわく一気に読み進めてしまいました。

角野さんのクリエイターならではだと思われるこだわりが、本当に素敵。

北欧デザインなセンスが日常を彩っていて、このテイストが好きな層にはたまらないと思います(私含めて)

 

メガネを沢山持っていらして、まずはメガネに合わせて布やカーテン生地を購入し、娘さんの友達にワンピースに仕立ててもらうのだそうです。

このメガネたちがまたお洒落でかわいい!一層角野さんの個性を引き立てています。

角野栄子「角野栄子の毎日いろいろ」

髪が白くなるにつれ、それまではおしゃれといえば洋服が中心だったのに、一点カラフルなフレームのメガネに変わってしまったとのこと。

 

 

角野栄子「角野栄子の毎日いろいろ」

「私の色はいちご色」と落ち着いたのは40代の頃。それまでは洋服は、黒かグレーで無難な色をとっていたのだそうです。

 

角野さんは、ただご自分が気持ちいい、好き。と感じたものを選んでいらっしゃるだけだと思うのですが、それが結果として、マーケ的な視点から見ても、完璧に自己ブランディングが出来てるんですよね〜。。。

 

私がTVで角野さんを見て、瞬時に「この人誰?♡」とその後その番組を見続ける事にしたのは、角野さんご自身にとてもオリジナルな何かを感じたから。

それは、角野さんの全身コーディネイトや、ライフスタイルから視覚的に瞬受けた、五感で感じたものでした。

 

角野さんにしか出来ない着こなしやお洒落感。。。

角野栄子「角野栄子の毎日いろいろ」

その後「魔女の宅急便」の原作者の方だと判り、ますます釘付けになるわけですが、最初は「独特なオリジナルな魅力を持った人だなあ」でした。

我らのような個人事業主がお客様に選ばれるために必要な項目として

「あたなだからと言われる “オリジナリティ”」は重要項目で、そのためにブランディングも必要となるわけなのですが、

「ブランディング」とは、盛ったり違う自分を見せようとすることではないんですよね。

 

自分の「好き」を追求していった先にしか「オリジナリティ」はないと思っています。

しかもその「好き」は自分でわかってるつもりでわかってないことが、実は、多い。。。

「私は青が好きだと思っていたけど本当はピンクが好きだったんだ。。!」とかね、本当に自分の事ってわかるようでわかってない。

 

オリジナリティの確立とは「自分の本質を探す旅」のようなものでもあり、すぐに見つかるものでもなく、だからこそ、安易にパクってしまう例が後を立たなかったりもしています。

でもそうした旅の苦しみの先に生まれたものは人の心を必ず打ちます。

また妥協せず流されず「自分のスタイル」を確立した時に初めて生まれるものでもあり。

そして「自分の本質」がわかった時にしか見つからないもの。

それが「ブランディング」だと思います。

 

「自分のスタイル=オリジナリティ」とは「その人の生き方」なのかもしれませんね^^

 

角野栄子「角野栄子の毎日いろいろ」

 

角野さんの生き方を見て「魔女の宅急便」の原作を読んでみたくなりました!

そしていつかお会いしてみたいなあ〜^^

*エコズデザインでは、デザインの力であなたのブランドを本質からブランディングします。

詳細はこちら>>>あなたブランドセットプラン

 

*「角野栄子の毎日いろいろ」はAmazonでポチったら翌日届きました。早いねー

エコズデザインのLine@ご登録お待ちしております♪

デザインのこと、マインドのこと、日々のこと。。などなど発信しております♪

エコズデザインLine@

 

または@eoj0385h で検索♪

関連記事