toggle
2020-02-10

写真家のソール・ライター氏から思い出した、私の写真の原点

日曜美術館 で、写真家のソール・ライター氏を知りまして、心が震えているよー!

今はすっかり忘れていた、私と写真。というのを思い出した。

10年以上前、ただただ写真が好きで好きで、初めてニコンの一眼レフを買った時。

嬉しくて嬉しくて、仕事帰りに、夜の都会を自己流で撮っていた。

ゴミとか、階段とか、そんなんばっかり撮っていた。

感じたもの、こと、だけが全てで、
それが撮る理由で、

それ以外に撮る理由があるなんて、思いつきもしなかった。

まだインスタなんてもんもなくて、
映える。なんて言葉もない。

私は、写真の撮り方教室や、スタイリング教室に頑なに行きたくないと思っている。(一度だけ行った事がある)

なんでだろう?と自分が不思議だったけど、そういう事だったからなんだ~と初めて分かった気がする。

感じるもの。を人から教えられたくない。
自分でしか見つからない。

でも、そんな私も、最近は綺麗な写真、映える写真というものについて、やっぱり考えていたけれど、

いやそうじゃないんだ、違うんだよ。

て事を、ソール ライターさんの作品で思い出した。

このpicは、友達のミキティ。友達のバーで。

もう10年は昔のものだと思う。

エコズデザイン

 

エコズデザイン

この2人にも、きっともぅ会わないだろう。笑。
それでも、その時確かに在った時間なのだと思える。

そして、ソール ライターさんは、vogueなど、一流誌とも仕事をしていたけれど、スポンサーが煩く指示してきて、その場でカメラを置いて帰ったそうだ笑。

結果、生活に困窮したけど、撮りたいものを撮りたいように撮る方が大切だったのだ。

日曜美術館、慌てて録画したけど、もう一度観てみよう。
すっかり忘れていた原点を思い出させてくれてありがとう。

エコズデザインのLine公式アカウント

「Line限定記事 / エコズデザインが選ぶメディア情報をお知らせします」

・視点が大衆視点寄りではないこと。が、マイナー視点にも偏り過ぎないこと。

今まで「常識」とされていた事柄に対して、今一度その固定概念を疑ってみてもいいのかも?と投げかけるメディア情報を限定記事でシェアします!

エコズデザインLine公式アカウント

または@eoj0385h で検索♪

関連記事